Skip to Content

Category:例会

8月第288回例会のご案内

開催日 08.gif 平成28年8月6日(土) 開場 08.gif 17:30
会場 08.gif千駄ヶ谷区民会館 開会 08.gif 18:00 終了予定21:00
会場整理費 08.gif 500円

※ 夜時間の開催です。

発表者と演題
(前半)08.gif  牧野  静(まきのしずか)氏
 賢治童話における殺生の問題

 賢治はその創作において繰り返し殺生を行う主体を登場させ、その苦悩を描いている。また賢治自身一時期には菜食を行ったことが広く知られている。このような賢治の価値観のおおもとに大乗仏教的な発想があることは既に諸家に指摘されている。
 しかし賢治の殺生へのこだわりは仏教的発想だけでは説明がつかない部分がある。宮沢家は浄土真宗の篤信であり、賢治の仏教的素地はこの環境で育まれている。しかし真宗の祖親鸞は殺生を生業とする者も阿弥陀仏の本願によって往生を遂げるという立場を取る。またのちに法華経への感動から国柱会入会へと至る賢治であるが、法華経の安楽行品に狩猟者等との交流を戒める箇所もあるものの、日蓮は殺生を行うことを往生の妨げとならないとしている。賢治の殺生への問題意識は仏教的発想以外にもなんらかの端緒があると解するべきであろう。
 本発表ではまず賢治が触れた可能性のある経典等と賢治のテキストとの比較を行うことで、賢治が殺生にまつわる創作を行う際の着想のもとを探る。次に賢治のテキスト内で動物がどのように位置づけられているかを分析した上で、現代の応用倫理学のなかで一分野をなす動物倫理の議論との比較を行い、賢治の殺生にまつわる価値観、倫理観を探る。
 (筑波大学大学院人文社会科学研究科 一貫制博士課程。会員)

(後半)08.gif  外山  正(とやまただし)氏
 宮沢賢治と方言の現在(続)

 筆者は以前、例会で賢治の方言について発表したことがある(平成19年6月第234回例会「劇『種山ヶ原の夜』と花巻方言の現在」)。九年前のことであるからもうひと昔前だ。これだけの時間の経過は、社会や身辺の様相を一変させるに十分な時間である。物事へのまなざしや理解も十年を経ればかなりの違いを生じさせる。十年かかる学習もずいぶん気の長い話であるが、新しい考えや知識に至ることはある。
 社会でもっとも変化したのは情報化であり、その情報化を根拠にあらゆる事件が起こる。方言の問題を情報化でくくってもどこの違いを指摘出来るかは案外難しい作業だ。実は、今回の演題を考えた後に、以前の発表を確認したら、同じ様な演題だったので少々思案したが。あえてそのままにしておく。約十年後の定点観測である。
 今回は「なめとこ山の熊」の荒物屋の場面「旦那さん、先ころはどうもありがたうごあんした。」で始まる部分にスポットを当てて考えをめぐらせ、そこからさらに展開することをしたい。
(会員。例会担当役員)
 

6月第287回例会のご案内

開催日 08.gif 平成28年6月4日(土) 開場 08.gif 17:30
会場 08.gif千駄ヶ谷区民会館 開会 08.gif 18:00 終了予定21:00
会場整理費 08.gif 500円

※ 夜時間の開催です。

発表者と演題
(前半)08.gif  本田 裕子(ほんだゆうこ)氏
 『銀河鉄道の夜』における「天の川の水」

 ジョバンニが「銀河鉄道」に乗って最初に見た「天の川の水」は、「ガラスよりも水素よりもすきとほって、(略)」と描写されている。また、作中では、「天の川の水」が何度も光っている描写がある。「天の川の水」は自ら発光しているようにも見えるのである。なぜ、「天の川の水」は自ら光ることが出来るのだろうか。
 第一章の「午后の授業」では、「天の川の水」は、「真空」という「光をある速さで伝へるもの」と説明されている。「真空」であることと自ら発光することとは関係があるのだろうか。
 「銀河鉄道」に乗車している間は、誰も「真空」という言葉は登場しない。果たして「銀河鉄道」に沿って流れる「天の川の水」も「午后の授業」の説明と同じく「真空」なのだろうか。
 賢治が「天の川の水」を描くときは、「見えない」「音もなく、形もなく」「あやしい」という言葉を使っている。「天の川の水」には実際に「水」が流れているのだろうか。そして、「天の川の水」は「液体」なのだろうか。
 「天の川の水」の描写を詳細に検証し、賢治の「天の川の水」に対する考えを明らかにしたい。
(鶴見大学文学部研究生。会員)


(後半)08.gif  栗原 文子(くりはらあやこ)氏
 大正6年・浄土ヶ浜の賢治 ―短歌、岡田家宿泊、遠野まで100キロ―

 大正6≪1917≫年7月26日、宮古(岩手県)にやって来た賢治は、盛岡中学の1年後輩で、4年時には寄宿舎で同室だった岡田与志松の実家「岡田家」に泊まり、翌朝、ピッケルを携え、途中まで与志松に案内されて、名勝・浄土ヶ浜へと向かっている。この時、浜辺で詠んだと考えられる短歌のなかから、563a564『基督のさましてひとり岩礁に赤きひとでを見つめゐるひる』、564『展べられし昆布の中に大なる釜らしきもの月にひかれり。』について、解釈を試みる。さらに、宮古から遠野へと吟行しながら帰途を歩み行く賢治の足跡、宮古→蟇目→腹帯→陸中川井→小国→小峠(この辺に早池峰山を望める地点有り)→立丸峠→遠野を辿り短歌に詠みこまれた場所や風景の推定を試み、最後に、現在の遠野ハリストス(キリスト)正教会に架かるイコン『主の復活』(制作:山下りん)と賢治との不思議な縁と接点について、客観的事実をもとに検証する。
 (駒沢大学、臨床心理士。会員)
 

4月第286回例会のご案内

開催日 08.gif 平成28年4月2日(土) 開場 08.gif 17:30
会場 08.gif千駄ヶ谷区民会館 開会 08.gif 18:00 終了予定21:00
会場整理費 08.gif 500円

※ 今回から夜時間の開催です。

発表者と演題
(前半)08.gif  岡村 民夫(おかむらたみお)氏
 「ポラーノの広場」論――それはどこにあるのか

 イーハトーブは岩手であって岩手ではない。「ポラーノの広場」は、イーハトーブの非自己同一性ないし未完性を主題とした少年小説である
 発表の前半では、競馬場や植物園などをめぐってモリーオ市郊外と、盛岡ないし花巻の郊外の微妙な異同関係を論じる。宮沢賢治は、郊外が目覚ましく開発された時代(盛岡高等農林学校の設立がその端緒である)を生きたのだ。ポラーノの広場とは、そうした郊外に、都市と田園を媒介する「広場」として夢見られたといえるだろう。
 後半は、作品構造の考察に踏み込む。「ポラーノの広場」においては、廃止になった施設の再活用という主題が反復されており、そこには、夢や伝説が現実の場所によって否定されたうえで、現実の場所を再創造する力として回帰するという、弁証法的展開が認められる。この作品世界内における展開は、「ポラーノの広場」が「ポランの広場」の改作であるという生成論的事実とひそかに呼応してもいる。白紙上に打ち立てられた自己完結的ユートピアではないという側面にこそ、イーハトーブのユニークさと未来性があるのではないだろうか。
(法政大学教授。場所論。著書に『イーハトーブ温泉学』『柳田国男のスイス』など。会員)
※プロジェクターの使用有り。


※ 年度当初のため、総会(時間にして概ね30分の予定)が入ります。


(後半)08.gif  加藤 碵一(かとうひろかず)氏
 宮澤賢治の地的連想法

 賢治作品に数多く登場する「地学用語」や「地名」には、そのもとになったのが何か、あるいは連想の過程が判然としないものが頻出する。「用語が難解で賢治が理解できないという声が依然として多い。賢治は一般用語を用いないで、学術語で表現したのは、それなりの意図と必然性があったのだから、用語面での正確で詳しい解説が必要となるだろう」(田口,1991)とか「分らない言葉、それも賢治を特徴づけている最も重要な言葉をそのままにしておいて、いきなり本質を模索するといういささか定石を無視した研究をせざるを得ない現状」(板谷,1979)が、すでに指摘されているところである。
 例えば、「北上山地」を「シュワリク山彙」に「早池峰山」を「スノードン山」「カイラス山」に、「岩手山」を「ポポカテペトル火山」に擬しているのはなぜであろうか。「イギリス海岸」と称したのはなぜであろうか。いずれも単に賢治の造語であるとか賢治独自の修辞であるとして思考停止せずに可能な限り追いかけてみることにする。
 (産業技術総合研究所名誉リサーチャー。会員)
 

2月第285回例会のご案内

開催日 08.gif 平成28年2月6日(土) 開場 08.gif 13:00
会場 08.gif千駄ヶ谷区民会館 開会 08.gif 13:30 終了予定16:30
会場整理費 08.gif 500円

※ 午後時間の開催です。

発表者と演題
(前半)08.gif  坪谷 卓浩(つぼやたかひろ)氏
宮沢賢治と「青い鳥」

 モーリス・メーテルリンク(1862-1949)の「青い鳥」は、日本で数多く出版され、物語や絵本としても広く親しまれている。メーテルリンクと言えば「青い鳥」というように、彼を児童文学者だと思っている人々も少なくないだろう。しかし、明治末から大正期に目を転じてみれば、その様相は大きく違っていることがわかる。当時、メーテルリンクはトルストイやイプセンのように日本の文壇、劇壇にて大変人気のあった劇作家、思想家であり、その作品は文学者、知識人に大きな影響力を与えたのである。こうした大正期におけるメーテルリンク受容の文脈を通して、宮沢賢治について考えてみたいというのが今回の発表の趣旨である。大正6年4月の「雲とざす/きりやまだけの柏ばら/チルチルの声かすかにきたり。」という短歌に表れているように賢治が「青い鳥」を読んでいたことは確かだと思われる。当時の「青い鳥」の出版状況を確認しながら、賢治が目を通したと思われる図書、雑誌について想像を巡らせてみることにしたい。なお、作品としては「かしはばやしの夜」を取り上げて、「青い鳥」が賢治に与えた影響についても考えてみる予定である。
  (日本体育大学図書館。会員)


(後半)08.gif  田嶋 彩香(たじまあやか)氏
宮沢賢治作品における家族―子供のいる「氷と後光」の場合―

 「氷と後光」は、「若いお父さん」と「若いお母さん」が、夜汽車の中で交わす会話によって物語が進められていく。彼らの持ち出す話題の大半は、「子供」(乳呑み児)に対するものであり、我が子を愛でるが故に出てくる言葉がそこにはある。そして、語りに目を移しても、その大半は「子供」に絡んだものであり、語り手の「子供」に対する視線はとても温かい。作品全体で「若いお父さん」家族を温かく包み込んでいるような印象さえ受ける。
 賢治作品中「氷と後光」ほど、親の愛情が分かりやすく明瞭に描かれた童話や散文作品はない。親の愛情というテーマを採用し、保護する側の視点から描いた作品としての再評価も可能ではなかろうか。本発表では、特にこの部分に迫ってみたい。
 ここで断っておくが、発表者は、晩年にかけて深まっていった作者の家族に対する意識の変化が、種々の作品に影響を及ぼしているのではないかと見ている。初期に描かれた家族と晩年に描かれた家族は、異なる表情を見せている面があるからである。それに伴い、賢治作品における家族像の変容を確認する必要がある、という大きな問題意識も持っている。 これらに関しては、一度に論じることは難しく、ここでも幾つかの作品を取り上げ、比較考察を行う予定だが、個々に対する詳しい考察は行わない。本発表では、まず「氷と後光」を<子供のいる>家族の視点から読み直し、賢治作品における家族の一側面を確認してみたい
 (実践女子大学大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程。会員)
 ※プロジェクターの使用有り。

12月第284回例会のご案内

開催日 08.gif 平成27年12月5日(土) 開場 08.gif 13:00
会場 08.gif氷川区民会館 ※JR渋谷駅と恵比寿駅の間にあるため、バス利用が便利です。バス情報は案内図のページに掲載しました。 開会 08.gif 13:30 終了予定16:30
会場整理費 08.gif 500円

※ 午後時間の開催です。

発表者と演題
(前半)08.gif  椚山 義次(くぬぎやまよしつぐ)氏
『春と修羅』から『銀河鉄道の夜』へ ―「十字架」「さいわい」「さそりの火」をめぐって―

 心象スケッチ『春と修羅』(第一集)については、その初期編集プロセスについて私感を述べて見たいと思います。佐藤隆房著『宮沢賢治』(昭和17年冨山房刊)の年譜(宮沢清六作制)には、「大正十一年、一月より十一月までに「詩」(心象スケッチ)「春と修羅」第壱集五十三篇を作る。(十一月廿七日妹トシ死亡) 大正十二年、六月より十二月までに「詩」(春と修羅第一集)二十四篇を作る。八月上旬青森、北海道、樺太を旅行し、「青森挽歌」「津軽挽歌」「オホーツク挽歌」を創作。 大正十三年、一月心象スケッチ『春と修羅』第一集自費出版。」とある。些細なことかも知れませんが私が特にこだわりたいのは、『春と修羅』第壱集五十三篇を作る。の傍線の漢字の「壱」と「五十三」の部分、この数字は聖書を示す暗号のように思えるのです。その他の箇所にも不思議な数字の配列があり、その辺のことが解明できればと思います。
 『銀河鉄道の夜』では、十字架、さいわい、さそりの火、について、その「十字架」や「さいわい」という言葉に象徴されるように、新約聖書との関わりを述べて見たいと思います。「さそりの火」については『新校本宮沢賢治全集』年譜をその手懸りに披瀝できればさいわいです。
  (日本ヘブライ文学研究所代表、宮沢賢治三春の会主宰、日本比較文学会東北支部会員)


(後半)08.gif  富山 英俊(とみやまひでとし)氏
「青森挽歌」再考――ヘッケルと倶舎をめぐって

 「青森挽歌」中の「((ヘッケル博士!/わたくしがそのありがたい証明の/任にあたつてもよろしうございます))」や、「むかしからの多数の実験から/倶舎がさつきのやうに云ふのだ」は、多くの解釈や研究を誘ってきた。だが、妹の死後の世界が鳥への転生・天上への変容・地獄への急転と自ずからのように展開するこの長篇詩では、挽歌群中でも多声性と対話性が際立つから、ヘッケルで倶舎でも前後の文脈を忘れて(前者では不連続な声の交錯、後者では放心した思いの漂流)、その思想内容のみを検討することは、詩の読み方として問題含みであろう。
 だが、それらの思想内容はそれ自体でも、賢治との関わりでもやはり興味深い。今発表では、ヘッケルは、科学者を逸脱し思弁的になったとも評されるが、その根本の発想は、心・身を自然という唯一の実体の二つの様相と捉えるスピノザ的な一元論であったことを指摘したい。倶舎論については、それは「小乗」の世界観によるから当然だが、作品での転生の現われ方とは一致しないことを確認したい。その描かれ方は賢治に独自であろうが(既成の「がいねん化」に拘束されない「心象スケッチ」の所以である)、他方で、六道等の諸世界が互いを含みあう「十界互具」の天台思想や、それを「仏の国」の出現の原理とした日蓮思想に由来するのでは、という繋がりを示唆したい。 。
 (明治学院大学教授)