Skip to Content

Author: やまねこ

12月第272回例会のご案内

開催日 08.gif 平成25年12月7日(土) 開場 08.gif 13:00
会場 08.gif 渋谷区千駄ヶ谷区民会館 開会 08.gif 13:30 終了予定16:30
会場整理費 08.gif 500円
※ 午後時間の開催です。
発表者と演題
(前半)08.gif  栗原 文子 氏     賢治とロシア正教会フィールドワーク   現・盛岡ロシア正教会に架かるイコン「主の洗礼」に描かれている"洗礼者のヨハネ"は、賢治15歳の短歌、『ひとびとに おくれてひとり たけたかき 橘川先生野を過ぎりけり、追ひつきおじぎをすれば ふりむける 先生の眼はヨハネのごとし』の"ヨハネ"を彷彿させる。   賢治の行動圏と重なりあうロシア正教会の地、日詰町、盛岡、神田駿河台、山田町、人首町を手がかりに、賢治とロシア正教会の縁と接点に迫る。 (臨床心理士)
(後半)08.gif  金子 民雄 氏     宮沢賢治と西域作品の舞台   賢治の、とくに西域を舞台にした詩や童話作品は、とかく彼の仏教説話と重ねた空想の産物と思われがちですが、実はほとんど全て、賢治と同時代かその少し前に、西域各地で発掘調査された報告書を基に描かれたものでした。ですからその資料やら、直接現地を訪れた体験を重ねて、改めて賢治の作品を再検討できたら、あるいはなにか目新しい世界が見えてくるかもしれません。 (歴史学者、専門は中央アジア史、東南アジア史。著書に『山と森の旅 宮沢賢治・童話の舞台』『山と雲の旅 宮沢賢治・童話と詩の舞台』『宮沢賢治と西域幻想』『宮沢賢治の歩いた道』等。)

11月短歌読書会

開催日 08.gif 平成25年11月2日(土) 開場 08.gif 13:00
会場 08.gif 渋谷区神宮前隠田区民会館 開会 08.gif 13:30 終了予定16:30
※ 午後時間の開催です。
短歌番号32208.gif 「白樺のかゞやく幹を剥ぎしかばみどりの傷はうるほひいでぬ」からになります。

10月第271回例会のご案内

開催日 08.gif 平成25年10月5日(土) 開場 08.gif 13:00
会場 08.gif 大妻女子大学 千代田校舎A棟450教室 開会 08.gif 13:30 終了予定16:30
会場整理費 08.gif 500円
※ 午後時間の開催です。
発表者と演題
(前半)08.gif  大山  尚 氏 「銀河鉄道の夜」について、幾つかの気になること ずいぶんと長いこと「銀河鉄道の夜」と向き合ってきた気がします。仕事先での授業や公開講座などで原稿を用いながら書き写しをしたり、三次稿から四次稿への推移などから作品の有りようを考えてみたりしてきましたが、ここ二年ほどは書かれたものをそのとおりに読んでみることに時間を費やした気がします。今回はそんな日々のなかで浮かんできた「幾つかの気になること」をお話したいと思います。 そもそも「銀河鉄道の夜」はどんなものだったのだろう、ジョバンニの友達ってほんとは誰なんだろう、ブルカニロ博士ってどんな存在なんだろう、実は四次稿はかなり危ういのではないか、などまだまだ調査や研究・立論するに至ってないけど、なにかどうしても気になることの幾つかを、みなさんと一緒に考えられたらいいなと思っています。 (國學院大學栃木短期大學 准教授、専門は日本近代文学。)
(後半)08.gif  佐藤 栄二 氏 宮沢賢治と黎明体験 賢治の作品には、暁、黎明、有明、あけがた、昧爽、晨明などの語彙がよく出てきます。山中で夜明けを迎えるときの彼の感動は、夜の恐ろしい闇からの解放をとおして、彼に宗教的な啓示をもたらす契機ともなったと考えられます。詩「有明」や「真空溶媒」にうかがわれる法悦感、童話「いてふの実」などにみる生命観からそれを跡づけ、賢治の宇宙観に迫ってみたいと思います。 (宮沢賢治研究会前会長、俳人。著書に『宮沢賢治 交響する魂』など。)

9月短歌読書会

開催日 08.gif 平成25年9月7日(土) 開場 08.gif 17:30
会場 08.gif 渋谷区千駄ヶ谷区民会館 開会 08.gif 18:00 終了予定21:00
※ 夜時間の開催です。
短歌番号31108.gif 「たださへもくらむみ空にきんけむしひたしささげぬ木精の瓶」からになります。担当は梅田さんです。

8月第270回例会のご案内

開催日 08.gif 平成25年7月7日(土) 開場 08.gif 17:30
会場 08.gif渋谷区千駄ヶ谷区民会館 開会 08.gif 18:00 終了予定21:00
会場整理費 08.gif 500円
※ 夜時間の開催です。
発表者と演題
(前半)08.gif  佐藤 通雅 氏 「鹿踊りのはじまり」と「水仙月の四日」 『注文の多い料理店』には9篇の童話が収録されています。それらのうち、とりわけ完成度の高いものと評価されてきたのは、「水仙月の四日」と「鹿踊りのはじまり」です。しかし、どちらを第一とするかになると、意見が分かれます。たしかに、どちらも甲乙つけがたい傑作。 そこで改めて評価の要点を整理し、かつそれぞれの魅力を考えてみたいと思います。 (歌人、評論家。著書に『宮沢賢治の文学世界―短歌と童話―』『宮沢賢治から〈宮沢賢治〉へ』『宮沢賢治 東北砕石工場技師論』『賢治短歌へ』など。)
(後半)08.gif  五嶋 千夏 氏 「紫紺染について」試論 日本大正期において、山男(山人)と岩手の名産品・紫紺染とは、近代化に対立するものとして一般的に捉えられてきた。しかし、先行論で指摘されてきたように、宮沢賢治の「紫紺染について」は、このような一面的な捉え方をしていない。博覧会や山人研究などの成果なども参考にしつつ、山男、紫紺染の表象の複層性を明らかにしたい。 (会員。愛知県立知立東高等学校教諭。著書に『メタフィクションの圏域』(共著)など。)