10月第314回例会のご案内(web「例会」)

[box title=”発表者と演題(web例会です。)” color=”#a9a9a9″]08.gif  佐藤 竜一(さとう・りゅういち)氏

宮沢賢治の希望と挫折-エスペラントをめぐって-
 エスペラントは1887年、ポーランドの眼科医ザメンホフが発表した人工国際語です。当時のポーランドはロシアの支配下にあり、ポーランド人、ロシア人、イタリア人など多くの民族が入り混じって暮らしていて、いざこざが絶えませんでした。そうした現実を見て育ってザメンホフは、民族が違う人々に横たわる不和の原因は言語が違うことにあるのではないか、という考えを持つに至ります。様々な言語を会得しつつ、エッセンスを採り入れながら、民族が違う者同士が使用する言語としてつくりあげたのがエスペラントです。エスペラントとは「希望する人」を意味します。民族語を否定するのではなく、「国際補助語」としての役割を担えればという思いがザメンホフにはありました。
 世界的な作家トルストイなどが後援したこともあり、エスペラントは徐々に普及し、日本では1906年日本エスペラント協会が設立されています。宮沢賢治がエスペラントを独習するのは1922年頃のことで、この頃から使用され始めたイーハトーブということばは、エスペラントを意識してつくられました。賢治のエスぺラント作品といえるのは「エスペラント詩稿」8篇のみですが、「ポラーノの広場」などの作品にエスペラント独習の成果があらわれています。 
 私がエスペラントに初めて触れたのは一関一高3年生の頃ですが、自身のエスペラント体験を顧みながら、「宮沢賢治とエスペラント」に関して考察しようと思います。
(宮沢賢治学会イーハトーブセンター副代表理事)
[/box]

※ 宮沢賢治研究会web「例会」等のご案内
 これまで、「試行」と言う扱いで、案内をしてきましたが、ある程度回数も重ね、解決すべき課題の出方も限定されてきましたので、そろそろ試行と言う言い方をお終いにします。

1 コロナ禍のもと、2月からweb「例会」としてリモート形式の例会を開催して参りました。開場での対面形式の例会はありません。参加ご希望の方は、本ホームページのメニュー「HOME」以下にあるweb「例会」専用お問合せフォームから、参加のご意思とお名前とメールアドレスをお知らせください。前回までにお申し込みいただいた方は、そのまま有効ですので、再度の申込みは不要です。条件を満たさない場合は、その内容をお知らせします。

2 本web「例会」は会員限定です。会員は、所定の会費を納めている必要があります。メールアドレスに関連付け作業が必要なため、例会前々日を締め切り日とします。メーリングリストを作成しBCCでお知らせします。

3 システムはZoom会議をベースとします。発表者は原則一名です。質疑応答を行います。

4 参加者には回線の金銭的負担が発生します。特にWiFi(自宅等で使用する専用のネット回線)以外の電話回線やスマホなどの場合、予想外の金額になる可能性もありますのでご注意ください。

5 本web「例会」を原因とした損害が生じても会は責任を負いません。

6 個人情報は、今までどおり、本会の運営目的以外には使用しません。

7 web懇親会(雑談の時間、特に顔出しを求めず。アルコールOK。)を開催します。時間にして一時間ほどです。

8 今までに「招待状が届かない。」と言った障害情報が寄せられることがありました。お申し込みについては必ず返事をする様にしています。招待状は例会資料などと併せ、前々日の24時(日本時間)までに送付することとしています。もし、招待状が届いていない様な状況であれば、例会等の開催時まで、再度、申込みフォームを利用してご連絡を下さい。招待状が届かない原因としては、事務局のミス、メールアドレスの不完全、迷惑メールに選別されていた、何らかの通信障害などがありました。

 それではよろしくお願い申し上げます。

Share this post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です